野球ファンネット

プロ野球ファンによるプロ野球ファンのコミュニティメディア

セリーグ

「野球ファンネットpresents外野の夜明け」最終回の放送がアーカイブアップされました。


先日2013年10月21日(月)20:15~21:00放送の
「野球ファンネットpresents 外野の夜明け」(AKIBA伝えたい!放送局)
第15回(最終回)の放送分がYoutubeにアップされました!

こちらからご覧いただけます→


2013年4月から始まった放送もこれが最後。
最後は紘野編集長以下、野球ファンネットのコアメンバー全員が集結して
お届けしました。

この時点では
パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)が終わっていない状況でしたが、
メンバー全員で今シーズンのペナントレースとCSを総括、
そして、日本シリーズの展望を語り合いました。

まさにOA終了直後に東北楽天ゴールデンイーグルスの日本シリーズ進出が
決まったのですが、そんな中、最終回は今までに無い視聴者数。
通常の3倍強のアクセスでした。

半年間の御視聴そしてメッセージ本当にありがとうございました。
また外部ゲストの皆さん、お忙しいところ駆けつけて下さりありがとうございました。

名残惜しいですが、ひとまずこれで放送は終了です。
プロ野球は毎年ネタが尽きませんね。来年2014年のプロ野球も面白くなりそうです。
皆さんとどこかでお会いできることを楽しみにしたいと思います。

「野球ファンネットpresents外野の夜明け」第14回放送アーカイブアップされました。


先日2013年10月7日(月)20:15~21:00放送の
「野球ファンネットpresents 外野の夜明け」(AKIBA伝えたい!放送局)
第14回放送分がYoutubeにアップされました!

こちらからご覧いただけます→


今回のゲストは、大のG党で、芸人のおくまんさん(カオポイント)。
nabetyとのクロストークでは、
「ジャイアンツの今年の振り返りと、CSの展望」について熱く語っていただきました。
さすが、「月刊ジャイアンツ」(マガジン報知)で連載持っているだけのことは
あります。ジャイアンツの知識が半端ない、おくまんさん。
ただし、野球は相手ありきのもの。おくまんさん、ジャイアンツ以外のチームの
知識もとても豊富。45分があっという間に過ぎてしまいました。

10月21日放送の第15回戦(最終回)のアーカイブは後日公開いたします。
最後も大盛り上がりでした。お楽しみに。

オールスターも改革を

column_03

“夢の球宴”といわれるオールスターが今年も行われる。
両リーグそれぞれ32名の選手が出場。
これはシーズン中の一軍登録メンバーよりも多い人数となる。
3試合制ということで、投手の数が増えるのは仕方がないものの、“オールスター”というにはやや多過ぎるように思える。
また交流戦が始まって、セパの対戦があることから、より対決ムードも薄れた感じがする。
続きを読む

低レベルとはいうものの・・・激化!セリーグ3位争いを抜け出るのは?

column_03


交流戦は例年と変わらずパリーグが強い。
それがパリーグの首位争い激化に一役買っているのだが、セリーグはジャイアンツとタイガースの一騎打ちムード。
優勝争いよりも、激しくなりそうなのは、3位争いとなっている。
続きを読む

浜風吹く!両リーグを荒らす2チーム

column_03


5月に入って、好スタートを切ったジャイアンツ、ライオンズに陰りが見えてきた。
セリーグはタイガースが東京ドームで3連勝、パリーグもマリーンズが7連勝とライオンズに肉薄。
3位以下はやや離れ気味だが、やっと“ペナント争い”らしくなってきた。
そんな両リーグの中で、前評判よりも成績を挙げているのが、セはベイスターズ、パはマリーンズ。
いい意味で期待を裏切っている両チームのなにが変わったのだろうか。
続きを読む

バント完全成功率で見るセパ両リーグの3,4月

column_03


「バントが成功して得点圏にランナーが進みました」
テレビ、ラジオの実況を聞いていれば当たり前のように聞こえてくる声。
ただこの時点ではランナーが進んだ(スクイズ以外)にしか過ぎない。
たしかに打者が転がし走者封殺もしくはフライアウトのような完全な失敗ではないが、本当の成功というのは得点が入ったケース。
その“バントで送り得点が入った確率”から見て、セパ両リーグの3,4月を振り返ってみたい。

続きを読む

2012年回顧~広島東洋カープ~



「投手陣が充実している今季はチャンスがある」
開幕前、セリーグのダークホースとされていたのはカープだった。
年齢は若いが、エース前田健太を中心に復帰の大竹、新人の野村の評価も高かった。
やや打線の弱さは気になったものの、上位を喰うのではないかと予想されていた。
そしてその通り、7月には3位とCS圏内に浮上。
しかし入れ替えで凌いできた打線が9月に失速。
投手陣の踏ん張りだけでは支えきれず、4位に終わった。
続きを読む

2012年回顧~阪神タイガース~



生え抜きの和田監督を迎えて期待されたシーズンだった。
“守りとつなぎ”と前面に押し出そうとしたが、タイガースはそういうチーム編成でないことに一抹の不安はあった。
そしてシーズンが始まると、その不安は的中。
補強で集めたベテランへのこだわりは変わらず梅雨の時期には失速。
その後浮上することはなく、5位に沈んだ。
“補強”というその病が末期症状を見せたシーズンだった。

続きを読む

クライマックスシリーズ1st!札幌へ、東京へそのキップをつかむのは?



いよいよセパ両リーグとも土曜日からクライマックスシリーズ1stが始まる。
ライオンズ対ホークスは西武ドームで13時、ドラゴンズ対スワローズはナゴヤドームで14時。
札幌へ、東京へ来週向かうのはどのチームか。
3連戦2敗したら終わりという条件だけに、攻撃より守り、とくに投手力が重要となることが予想される。

続きを読む

ジャイアンツリーグ優勝の隠し味となったのは?





「勝つのが当たり前と思われている中で優勝するのは大変なことだ」
といったのは、80年代後半から90年代前半常勝ライオンズを率いた森監督の言葉だ。
しかし今季のジャイアンツを見る限り、シーズン序盤は苦しんだものの、
4月後半からは順調に勝ち星を重ね、
マジックのプレッシャーさえ感じさせないまま、
9/21本拠地東京ドームでリーグ優勝を決めて見せた。
シーズン11試合を残して81勝38敗14引き分け。
貯金は実に43を数える圧倒的な勝利だった。
続きを読む

鯉が登るか燕が飛ぶか・セリーグCS争い




パリーグはまだどこがペナントを奪うかわからない状態だけに、
クライマックスシリーズというのは二の次。
しかしセリーグはその圏内を巡って熾烈な3位争いが繰り広げられている。
97年3位以来Aクラスがなく、
もちろんクライマックスシリーズが実施されてからはまだ出場がないカープ。
そして昨年優勝に手が届きそうながら、
主力の離脱やプレッシャーに押しつぶされ2位に終わったスワローズ。
残り40試合前後となった今でも差はほとんどなく、
まだどちらが圏内に入るかわからない状況だ。


続きを読む
AD
QRコード (モバイル・スマートフォン版)
QRコード
メッセージボックス
  • ライブドアブログ
IfFoafUrl