野球ファンネット

プロ野球ファンによるプロ野球ファンのコミュニティメディア

【連載終了】2013年WBC特集

WBC準決勝敗退・・・ひとつの夢が終わり、また見るためには

WBCbanner



9回裏2アウト1塁。
松井のバットがアウトコースのストレートに出るが、打球は上がりセンターバガンのグラブに収まった。
3-1でプエルトリコの勝利。
3連覇を目指した日本代表の戦いは準決勝で終わった。

続きを読む

バッテリーと打者の心理が生んだふたつの四球

WBCbanner


WBC第二ラウンドは壮絶な試合となった。
一発勝負の試合そしてこれが国を代表して選ばれた選手たちがぶつかる戦いなのだと改めて知るような展開だった。
そんな試合だからこそ、投手、捕手そして打者との心理的な場面が見られたのかもしれない。

続きを読む

WBC第一ラウンド・雑感

WBCbanner


WBC予選第一ラウンド3戦目。
日本代表はキューバに3-6で敗れ、2位で第2ラウンドに進むことになった。

続きを読む

日本代表三役の重圧・・・阿部の苦悩

WBCbanner



阿部が苦しんでいる。
日本代表のユニフォームを着るということは傍から見るより重いものなのだろう。
それは前回のWBCであの“イチロー”さえも、チームの中心でありながら不振に苦しんだことでもわかる。
結果的にイチローの場合は韓国との一戦で、決勝タイムリーを林昌勇から放ちドラマを生んだが、決勝まで進めたから「終わり良ければすべて良し」となっただけだ。
あそこで打つイチローの凄さは感じられたが、阿部にそういう舞台が用意されているとは限らない。
なにしろ前回はイチローだけでなく、野手にもメジャーリーガーが参加し、今回リーダーのひとりに挙げられている稲葉もいた。
“イチローのチーム”ではあったが、責任が分散化している部分もあった。
しかし今回は完全なる“阿部のチーム”。
4番、捕手、主将…、投手陣も力があるとはいえ、若く中心として日の丸を背負う選手が多いなか、責任の重さは計り知れない。
続きを読む

WBC日本代表28名発表

WBCbanner


来週末に迫ったWBC予選を前に、28名の正式メンバーが発表された。
【投手】
18杉内俊哉(G)26内海哲也(G)47山口鉄也(G)15 沢村拓一(G)20前田健太(C)16今村猛(C)14 能見篤史(T)35牧田和久(L)11涌井秀章(L)50摂津正(H)28大隣憲司(H)21森福允彦(H)17田中将大(E)
【捕手】
10阿部慎之助(G)2相川亮二(S)27炭谷銀仁朗(L)
【内野手】
6坂本勇人(G)3 井端弘和(D)1鳥谷敬(T)41 稲葉篤紀(F)5 松田宣浩(H)46本多雄一(H)7松井稼頭央(E)
【外野手】
34長野久義(G)9糸井嘉男(Bu)13中田翔(F)24内川聖一(H)61角中勝也(M)

続きを読む

どうなる?WBC監督





リーダー選びがメディアを賑わす時期のようだ。
連日解散総選挙を睨んだ、
民主党代表選、自民党総裁選への候補者が報道されている。
プロ野球も両リーグ優勝、CS進出が決まると、
その他の球団はストーブリーグに突入し、監督人事が話題になる球団がありそうだ。
しかしそれよりも先に、日本代表監督。
WBC出場辞退の問題は選手会が軟化し、
ディフェンディングチャンピオンとして参加の意向を示した。
そうなるとまず最初に決めなければならないのが、代表監督ということになる。
それほど時間が掛けられない中、早急に決めなければならない。
ただそう簡単には行かなそうだ。
続きを読む

一番早い?野球ファンネット的WBC日本代表選考




色々すったもんだがありましたが、日本プロ野球選手会(会長:新井貴浩)がワールドベースボールクラシック2013への参加を表明しました。
そこで野球ファンネットではいち早く候補案を発表します。果たしてどのくらい現実と近い選考になるでしょうか…

ポイント
・各チームからなるべく選考する。
・メジャーリーグの選手は出場可能とおもわれる選手を選考する。
・複数の役割を担える選手を優先的に選考する。

メンバー候補は以下の通りです。(数字は2012/9/2現在)
続きを読む
AD
QRコード (モバイル・スマートフォン版)
QRコード
メッセージボックス
  • ライブドアブログ
IfFoafUrl