column_03

セリーグの新人王争いのレベルが高くなっている。
開幕前は、浪人してまでジャイアンツにこだわった菅野、そして線の細さから即戦力としては疑問があったものの、それを吹き飛ばしローテーションを勝ち取った藤浪が話題となっていた。
シーズンが進んでも、その二人の活躍は目立っていた。
リーグの首位争いをするジャイアンツ、タイガースの主力として名前が挙がる。
そこへ喰い込んで来ているのが、チームは最下位に沈んでいるものの、今や“エース格”としてマウンドに立ち続けている小川。
プロとしては体が小さく、“和製ライアン”といわれるフォームの方が話題になっていたが、ここまで6勝2敗。
ルーキーでは菅野に続く成績を収めている。
交流戦が明けて再開されるリーグ戦。
スワローズの小川監督は「小川を中心にローテーションを組む」と展望を語った。
開幕直後に館山が離脱、石川も交流戦で腰を痛め抹消、本来なら村中が中心とならなければならないが、不調で中継ぎ起用になるといわれている。
ルーキーに頼らなければならないのが、現状のスワローズを表しているともいえるが、小川はそれに恥じない成績を6月中旬までに残した。

あの独特なフォームを作った話はこれまでいろいろなところで語られている。
プロへ行くために完成させたフォーム。
耐えられるだけの下半身を作り上げ、アマチュア時代は「高めに抜ける球が多い」といわれていたが、入団後はそう言った球も少なくなっている。
“和製ライアン”とフォームからいわれているが、本家とは違い球威はプロの中で抜けているわけではない。
それよりも小川の特徴は豊富な球種と組み立てを自分で考えられる頭だろう。

小川はストレートのほかに、カーブ、フォーク、チェンジアップ、スライダー、カットボール、ツーシームと多彩な球種を操る。
この変化球すべてでカウントを取り、勝負もできる。
ただたとえば菅野のワンシ―ム、藤浪のスライダーといったストレートの他にもう一つといえば挙がる球種を小川は持っていない。
小川がここまで勝っているのは、コンビネーションでのもののように見える。

開幕直後に正捕手相川が離脱し、中村がマスクをかぶるようになってスワローズ投手陣は投手によって多少の違いがあるとはいえ、影響を受けた。
しかしプロの経験がなく、もっとも影響を受けてもいい小川は捕手に関係なく白星を積み上げている。
もちろん最近では捕手のリード傾向も調べるプロ野球、昨年はまった中村の配球が通用したように、データのない小川だからこそ通用している面はあるだろう。
ただどうやら小川、中村のバッテリーの場合、主導権は投手にあり、それが功を奏している面が見られる。

先日小川はプロ入り最多投球数の129球を投げ、6勝目を挙げた。
そのヒーローインタビューで、「ピンチになるとカーブが減る傾向があったので、それを意識した」と語っていた。
これは小川だけにはまる傾向ではなく、スワローズ投手陣、とくに中村がマスクの場合表れる特徴だ。

投手はピンチになればなるほど、自分の得意球に頼りたくなる。
それは捕手も同じこと。
経験の浅い中村はよりその考えがあるのだろう。
インコースへのストレートや投手の得意球を連投させることが多く見られる。
リリーフ投手の場合はそれでもいいが、長い回を投げる先発の場合、偏りは狙いやすさに繋がっていく。
小川も開幕当初は中村の配球通りに投げていたようだ。
しかし4月のジャイアンツ戦では、「ストレートが少ないように感じていたので、それを活かす配球を」と田中雅とのコンビで快投を演じた。
あまり試合中投手とコミュニケーションを取る姿のない中村を連れて、小川がベンチ裏に下がっていく場面が見られたのも、配球の話をしていたことが推測される。
またボールが先行しても、打者が打ちたがりと小川自身が見た場合、ベース板の上で落ちる球を意識して投げていく。
打者を観察して投げるというのは、スワローズのエース館山に通じるものがある。

投壊現象のスワローズの中で、小川の存在は貴重だ。
ただそれだけでなく、チームの将来を考えた場合、将来の正捕手候補である中村を育てるのも課題。
それを考え、小川監督は配球を組み立てられる館山には中村というバッテリーを選んだ。
しかしその館山が離脱して構想が崩れた。
そこへ登場したのが小川。
新人王争いというのは表向き明るい話題。
ただそれだけではなく、チームを作り上げる過程の中でも小川という投手は重要な存在。
プロへ行くにはどうしたらいいかと考え抜いて作ったフォーム。
そして今小川はきっと、プロで生きていくためにはどうしたらいいかと考えているだろう。
勝ち星以上にチームへ好影響を与える投手となっている。

紘野涼=文


~我々を使い倒してください~
野球ファンネット投稿大募集!詳細はこちら